HOME投資家向け情報経営方針コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンスに関する基本方針

当社グループは、企業価値の最大化を図るためには、経営の健全性、透明性及び客観性を高めることが重要と考えています。コーポレート・ガバナンスの強化は経営の最も重要な課題の一つと認識しており、積極的に取り組んでいます。

コーポレート・ガバナンス体制の概要

当社の取締役会は7名(うち社外取締役2名)で構成され、会社の経営上の意思決定機関として、取締役会規程に則って、経営方針やその他重要事項について審議及び意思決定を行うほか、取締役による職務執行状況を確認しています。取締役会は毎月1回定期的に開催するほか、必要に応じて随時開催しています。

また、当社は、監査役会設置会社であります。監査役会は、監査役3名(うち社外監査役2名)により構成され、監査役会は原則として毎月1回定期的に開催するほか、必要に応じて随時開催しています。監査役は取締役会への出席のほか、期初に立案した監査方針と監査計画に従って監査を行っています。また、内部監査室や会計監査人との情報交換や連携により業務監査や会計監査を補完し、監査役監査機能の強化に努めています。

コーポレート・ガバナンス体制図

投資家向け情報English

ENGLISH

HOME投資家向け情報経営方針コーポレート・ガバナンス

ページTOPへ