HOME事業紹介事業概要

オープンハウスの事業領域

オープンハウスグループは3つの事業を展開、都心の住宅を身近なものに変えていく総合不動産グループです。

不動産仲介事業を出発点として業容拡大してきたオープンハウスグループは、住宅という「モノ」づくりありきではなく、お客さま視点に立つ「販売」の精神に基づいた事業展開を行っております。

住まいに関する領域の図
<不動産仲介事業>

株式会社オープンハウス

東京23区、横浜・川崎エリアで、新築戸建住宅・土地の売買仲介を行っています。

⇒詳細はこちら

<不動産販売事業>

株式会社オープンハウス・ディベロップメント

戸建業務においては、土地の仕入・企画・開発・分譲を行っています。 お客さまのご要望やニーズにあわせて、「建売」と「売建」の2つの形態を展開しています。*「売建」-- 土地引渡後に建物を建築。建築条件は付さない。

⇒詳細はこちら

マンション業務においては、施工の一部を除き、用地仕入・開発・企画・販売・アフターフォローまで一貫したワンストップ体制で業務を行っています。

⇒詳細はこちら

株式会社オープンハウス・アーキテクト

戸建を中心とした建築請負、設計 施工等を行っています。

⇒詳細はこちら

株式会社OHリアルエステート・マネジメント

収益不動産の取得・運用・商品化・販売等を行っています。

⇒詳細はこちら

<不動産金融事業>

株式会社アイビーネット

不動産購入時の担保付融資等ファイナンスの支援を行っています。

⇒詳細はこちら

オープンハウスグループの事業展開

不動産ビジネス群のリスクドメイン

オープンハウスグループのメイン事業は、リスクが低い事業ドメインに集約されています。 リスクが高いと思われがちな不動産事業を取り巻く2つの大きなリスクは、 不動産価格の変動と事業期間の長期化です。 REIT等のファンドに代表される投資マネーが流入する投資用不動産マーケットは、 金融市場の影響による価格変動が大きく、ハイリスク・ハイリターンのビジネスと言えます。 また大型のマンション開発などは開発期間が長く、開発期間中に不動産相場が変化してしまうことで、 当初予定していた販売価格より割高になり、事業が立ちゆかなくなるリスクをはらんでいます。 オープンハウスグループは、こうしたハイリスク・ハイリターン分野での急成長モデルではなく、 実需に基づく小規模・短期間のプロジェクトを積み重ねるローリスクでの事業を展開しております。 今後もお客さまとともにありつづけるために、着実で健全な成長を目指してまいります。

事業紹介

HOME事業紹介事業概要

ページTOPへ